NEWS & TOPICS

2015-11-24 14:23:00

最近、お化粧室へ行く度に思う事があります。

ずばり、お化粧室マナー。

 

お化粧室で「紙切れ」に遭遇することはありませんか?

商業施設ならまだしも、オフィスビルだと何だかとても悲しくなります。

 

大抵の場合、充分な数のトイレットロールが手を届く所にストックされています。

それを何故、最後使い切った方が、新しいロールへ取り替えないのか・・・

 

そして、洗面。

手を洗い、パッパッと水を切ったのそしぶきが飛び散ったまま去って行く・・・

手を拭く紙が無いなら仕方ないかも知れないけれど、紙があるのにそのまま去る、というのは理解に苦しみます。

 

最近では、ファッションビルや駅ビルへ行くとゆったりとしてキレイなメイクルームが備わっている事も。

私もちょっとお化粧直しをしようと思ってびっくりした事があります。

ラメやファンデーションのお粉が沢山落ちていて、鏡には手あかが沢山。

ハンカチや、汚れてしまいそうならばティッシュペーパーを1枚、さっと敷いてメイク直しをすれば良いこと。

 

自分だけのものではない、“公共の場”だからこそ、マナーは大切だと思います。

そして、普段から出来なければ、きっと大好きなお相手のお家へ行っても出来ないと思うのです。

 

マナーはもはや習慣です。

自宅から一歩外へ出たらどう振る舞うか、これは「素敵な男性に選ばれる女性」としてとても重要だと思います。

 

外見だけの女磨きは終了して、真の女磨きをしませんか?

パールブライダルアカデミーでは、今より一歩輝きたい女性を応援しています!