NEWS & TOPICS

2015-12-07 14:54:00

最近国際的なニュースが毎日の様に飛び込んできます。

日本人は全体的に「平和ボケ」と言われる事が多いのですが、正にその通り。

 

「平和ボケ」出来る程、国内の治安は安定してとても良いことですが、

それが、事件や天災に限らず、結婚や健康にまで及んでいます。

 

個人的に健康管理の為にお世話になっているドクターのお話では、

日本は国民皆保険なので“病気になったら治療する”するというスタンス。

でも米国では公的保険がないので、“病気にならないように予防する”というスタンス。

(ちなみに虫垂炎だと日帰りから一泊二日で200〜250万円、早産で未熟児がICUに入院すると、

一泊100万円、1ヶ月の入院で3000万円の費用がかかるそうです。日本では信じられない金額ですよね!)

 

病気になったら、治療する。

結婚出来なかったら、婚活を始める。

あらゆる場面で、後手後手の対応が習慣化されています。

 

少し逸れるかも知れませんが、家やマンションを買うのも同じです。

結婚したら何となくマンション買うのかな〜くらいに考えている方が非常に多いですが、

ローンと貯金・収入を考えればいつまでにどのくらいの価格帯の家を買うのかはっきりするものです。

結婚前に買ったものの、結婚後に別のところへ住むことになっても、売りに出す・賃貸に出す、方法はあります。

 

なるべく早いうちにしっかりと人生設計を立て、2年に一度は人間ドッグへ行く、何歳までに相手がいなかったら結婚する、

何歳までに家を買う、何歳までに子供が居なかったら卵子凍結を検討する、等予め計画を立て、常に先手先手の対策をして

“ちょっと遅かった”と防げるようにしたいですね。

 

婚活にも危機管理能力を持ちましょう!