NEWS & TOPICS

2015-09-13 16:06:00

出逢いを繋ぐお仕事をさせて頂いていると、沢山の“人生最高の瞬間”に立ち会わせて頂きます。

結婚式のそのひとつ。

和装でも洋装でも、女性は美しく輝いて、男性は凜と頼もしく・・・

 

特別なシチュエーションもさることながら、装いの力を実感します。

お見合いも、デートも同じ。

 

普段は気恥ずかしくて着られないようなワンピースや、自分では買わないようなお洋服の中にあなたをより一層輝かせるアイテムがきっとあります。

 

新しい出会いのために、上手に装いの力を借りましょう。

 


2015-09-11 22:13:00

「結婚婦適合者」と言ってしまうとかなり厳しい響きですが、未婚の方、離婚を経験された方からよく「私は結婚に向いていない」とお聞きすることがあります。

 

家事が苦手だから?

ついつい感情的になりやすいから?

あまりにも孤独が好きすぎるから?

社会的、あるいは経済的に事情を抱えているから?

 

そう思われるには何かご事情があってのこと、と思いますが、結婚は「支え合い、補い合うもの」だと思います。

支えることも、補うことも未来を見ていないと出来ないものです。

 

家事が苦手なら、克服する努力を。

それがどうしても出来ないなら、他に出来るところを伸ばしましょう。

 

どんな事情を抱えていても、前向きに進む方には魅力がある。

事情がなくても、前進する気持ちが無ければ魅力は失われていくものです。

 

結婚に向かない人 = 結婚に前向きでない人

 

“結婚したい!前向きにやってみよう!”と思ったら、その時点であなたの魅力はプラスされています。

自信をもって、スタートしましょう。

あとは私たちにお任せ下さい。


2015-09-09 14:03:00

初めてでも、2回目でも、お話する時の仕草や言葉遣いはお相手の印象を左右する大事なポイントですよね。

 

言葉遣い、というよりは言葉の選び方だと思います。

食べる → いただく

トイレ → お化粧室、レストルーム

 

同じ言葉でも、より印象の良い言葉に置き換えることが出来ます。

 

普段の自分じゃない!なんて思わないで下さいね。

これは対人マナーです。普段の貴方がどんな言葉を選んで話しているかは置いておいて、初対面の方とお話する時のマナーだと思って下さい。

マナーや仕草、配慮・心配り・気遣い。これでお見合いの結果は変わります。

 

婚活する際には「語彙力」も改めてチェックしておきたいですね。

 

 


2015-09-08 16:09:00

未婚の方に結婚しないのか訊ねると、

「ひとりが気楽だから」

「いい人が居れば」

「今はもう少し今の生活を楽しみたい」・・・

 

国立社会保障・人口問題研究所が行った調査によると、独身者に結婚についての考えを「いずれ結婚するつもり」と「一生結婚するつもりはない」の2択の質問において、

「一生結婚するつもりはない」と回答された方は男性9.4%、女性6.8%と、少数だそうです。

 

大半の方は「いずれ結婚するつもり」と思っていらっしゃるんですね。

厄介なのはこの「いずれ」。

婚活は先延ばしにすればするほど、ご自身の理想から遠ざかります。先延ばしにした分、妥協しなければいけなくなっていく。

 

「いずれ」やるなら、今やりましょう。

パールがお手伝いさせて頂きます。

 

 

 


2015-09-07 13:22:00

お見合いの際は必ず「スーツ」で、という決まりがあります。

 

初見の方とお会いするので、マナーとしてもスーツは妥当だと思いますが、

何より近い将来の“奥様”と初めて会う生涯忘れられない大切な瞬間になるかも知れません。

そういう意味でもかっこよくビシッとスーツを着こなして行きたいものですよね。

 

婚活を始めたなら、まずスーツの見直しをして下さい。

お仕事の際にスーツを着用されることも多いと思いますが、ぜひ分けられる事をおすすめします。

 

理由は2つ。

①仕事モードになってしまい、気持ちやフィーリングよりも理論的に相手を判断しがちだから。

(少なからず女性はお見合いを意識したコーディネートで行きます。普段通勤で着用するお洋服では行きません。)

②その後、婚約やお相手の親御様への挨拶、両家顔合わせや結納・・。成婚後にスーツを着用するシーンがぐっと増えるから。

 

折角ならば人生の一大イベントを共にするスーツですから、ご自身を素敵に演出してくれるスーツを用意したいものですね。

 


1 2 3 4