NEWS & TOPICS

2016-03-18 21:39:00

1週間ぶりの更新となりました。

花粉症に悩まされる日々を過ごしておりますが、皆さまはいかがでしょうか?

 

ひどい花粉症をお持ちだと、せっかくのお休みもお出かけする気持ちになれなっかたり、それこそデートへ、なんて気分になれないかも知れませんね。

 

そんな花粉の飛び散る中迎えた先日のホワイトデー。

私は仕事で韓国のソウルにおりました。

 

ソウル市内の繁華街はカップルだらけ。ペアルックのカップル、化粧品やお洋服をねだる彼女・・・

女性の方が強くて、若干尻に敷かれ気味の彼氏が嬉しそうに手を繋いでる様子を何度か目撃しました。

 

上手にエスコートしてロマンチックなムードを演出するのは欧米の男性の方が上手。

でも韓国の男性は、ありのままの彼女を愛しているのが伝わってきました。

 

日本のホワイトデー、男性陣はいかがでしたか?

上手にエスコートしてくれたり、ワガママを聞いてくれたり、優しかったり・・・

素敵な“ホワイトデー”に出来たでしょうか?

 

パールでは、男性のフォローもお任せ下さい。

女性のおもてなしから、上手なエスコートまでしっかりサポート致します!


2016-03-11 11:43:00

東日本大震災から5年。

まだ5年、もう5年。複雑な想いの混じり合う5年間。

 

改めて被災地の現状を報道を通して知ると、思う以上に復興が進んでいない事に驚いてしまいました。

都内で生活をしていると、何でも回復が早くて不便な生活を長きに渡って強いられる、という事があまり無い様に思います。

 

復興は被災地にとって希望の光。

一日も早い被災地の復興が願われますね。

 

東日本大震災は婚活事情にも影響を及ぼしました。

誰かと寄り添って生きる事の必要性を感じた方も多かったと思います。

 

家族や大切な方を失うのはとても辛いこと。

でも、家族や大切な方の存在が大きな力になり、未曾有の事態を乗り越えるパワーになる事も事実です。

この震災が私たちに教えてくれた事を活かして、家族になる事を恐れずに前を向いていきたいですね。

 

人と人が支え合う生活の一番基礎である“結婚”が、日本の希望の一つに繋がると信じています。

 

 


2016-03-10 11:16:00

暖かくなったと思ったら寒くなったり・・・

気温の変化が激しい日々で体調管理が難しいですね。皆さま体調崩されぬようお気をつけ下さいませ。

 

早く満開の桜を見たいですね。

 

桜が散ると一気に芽吹きのシーズンへ。木々に新芽が芽吹き、さくら色からわかば色へ。

小さなベランダで細々とプランター栽培しているのですが、この時季は植えられるものが多いので夏の収穫に向けて少しずつ準備しています。

 

新芽が出ると収穫まで、日ごとに成長していく様子が可愛らしくて。

毎朝毎晩眺めてはちょこちょこお手入れをする日々が始まります。

 

実は面倒くさがりで腰の重い私は、“毎日何か決まった事をする”というルーティンが苦手です。

ちょっと手を抜いてしまうと枯れてしまったり。少し水やりを疎かにしただけでびっくりする様な堅い実になってしまったり・・・

失敗も沢山ありますが、継続力の鍛錬と思ってめげずに続けています。

 

今年も芽吹きのシーズンにうまく乗って、こつこつやる毎日にしたいと思います。

 

婚活は瞬発力とタイミングが大事。でも、自分磨きは継続力が大事。

春から何か始めよう、と思っている方も多いかも知れませんね。

自分磨きをしながら、婚活出来るパールで婚活を初めてみてはいかがでしょうか?

 

お待ちしております!

 

 


2016-03-09 20:20:00

弊社のブライダルメンターたちはみんな、進化する事が好きです。

 

退化を好む方は少ないと思いますが、現状維持派は意外に多いようです。

 

体重の管理をしたり、美肌を追求したり・・・そういう外見的な進化ももちろん、今度はあの資格を取りたい。これを学んでみたい。

たった数分言葉を交わしただけでいったいいくつの“やりたいこと”が出てきただろうか、というくらいです。

 

体重の管理も、美肌の追求も【自分のため】にやるんだけれど、その結果、経験を活かして悩んでいる会員様にアドバイスさせて頂いたりと、

お役に立てる瞬間があったりしてとても嬉しいものです。

 

人間みな時間を重ねればその分、少しずつでも変わっていくもの。

どうせ変わるなら、進化していきたい、と思っています。

 


2016-03-08 19:04:00

今日は「国際女性デー」だそうです。

昔、アメリカの女性労働者が参政権を求めて集会を開いた日を記念して作られた記念日とのこと。

 

今日本でも女性の活躍を後押ししよう、という動きが広まっていますね。

バリバリ仕事をして男性顔負けの活躍を見せる女性。

子育てをしながら、自分なりの働き方を見つける女性。

 

支援や制度が広まり、働く女性への意識や待遇が変わり、より働きやすい環境になるのはとっても良いこと。

でも、社会がそういう風潮にある中、一方でそういう生き方を望まない方、事情があってそういう生き方が困難な方もいます。

 

大きな社会問題である保育園問題のその陰で、“保育園に預けて働くより自宅で子どもと向き合って育児をしたい”という方も居る。

 

活躍している女性が凄い、子育てしながら働くのは当たり前、という風潮のせいで、そうではない生き方をする女性が肩身の狭い想いをするのはちょっと違う、と思います。

それぞれの人生ですから、どれも正解。どれも平等。

“そういう生き方もあるよね”という器の大きな社会が良いな、と思ってしまいます。

 

 

もちろん日本の経済事情が大きく関わっていて、共働きやむなし。という状況があるのも承知の上ですが、

実際にはそれ相応の数の専業主婦の方がいらっしゃって、自宅で子育てしている方も居るからこそ、働きたいお母さんが保育園に子どもを預けられるチャンスがある。

 

保育園問題の解決の為に、専業主婦を増やす計画だってあったらいいのに、と思ってしまいました。

 

婚活している女性も、なかなか“専業主婦希望”と言いにくくなっている気がします。

社会はまだまだ柔軟な対応が難しいかも知れませんが、自分を信じて婚活しましょう!

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...