edgar-chaparro-1501184-unsplash.jpg

新緑眩しい5月になりました。

今年は前代未聞の超大型連休という事で、連休のご予定を立てている方も多いかと思います。

 

よく「私は結婚に向いていないと思います」とか、「結婚には向かないと言われる」とおっしゃる方がいます。

そういう方の半分くらいはプライベートや仕事が充実し過ぎている方で、

残りの半分がコミュニケーションが苦手、もしくは日々の生活に追われている方です。

 

前者と後者では、前者の方のほうが結婚に近いところに居ると思われがちです。

結婚しようと思えば出来る、今自分が望んでいないだけ。もしくはそう見えるだけ。

沢山のご友人や仲間に囲まれていて、出会いがない訳ではないという状況があるからでしょう。

 

したがって、後者の方のほうが結婚に遠いと思われがちです。

そもそも出会いの機会に恵まれなかったり、恋愛や結婚の前に自身の事で精一杯に見える、

人嫌いに感じられるのも一因かも知れません。

 

でも、実際に結婚に向いていないのは前者のタイプだと感じます。

本人も「自分がその気になれば結婚出来るだろう」と思っていればなおさらです。

 

後者のタイプは、非常に現実的な方が多く、似たような思考、境遇の方と寄り添っていく結婚をされる方が多いのです。

一人では大変な事を一緒に乗り越えたり、一緒に寄り添うことで楽しみを増やしていくイメージです。

 

前者のタイプは結婚が我慢であったり、相手次第であると無意識に感じている場合が多く、

いざ婚活をしても、相手に対して要求が多くなる傾向があります。

 

結婚に向いていないのか、結婚を遠ざけてしまっているのか、

意識ひとつの問題だと感じています。

トップへ戻る